検索
  • ピッキオ

洗剤にこだわりありますか?



― 洗剤の成分って知ってます? ―


毎日肌に触れる洋服、その素材に気を使っている方は多いかと思います。

私も化学繊維のものを着ると肌が荒れてしまうので、最近は天然の素材や綿のものを選んでいます。


しかし、その服を洗う洗剤には気を使っていますか?


現在、広く使われている洗剤は「合成洗剤」と言われる石油由来の合成界面活性剤です。


ここで一つ気になりませんか?


石油由来の成分って肌にいいのでしょうか?



コクーン様ホームページより引用

https://cocoon-soap.com/readpost/00037/


―界面活性剤を長時間、肌につけると肌に負担がかかる。

人の皮膚は、汗(水)と皮脂(油)によって、天然のクリームと呼ばれる皮脂膜をつくり、外から有害なものが入ってこないように肌を守っています。

皮膚の力ってすごいですよね。

ですが、界面活性剤は、水や油など混ざり合わないものの界面(表面)を変質させるという性質があるため、この天然クリームである皮脂膜の性質も変えてしまいます。

そのため、肌の上に界面活性剤をのせた状態が長時間つづくと、皮膚膜がどんどん薄くなり肌が弱くなってしまいます。

(石油由来の合成界面活性剤ほど、天然由来の界面活性剤の機能は高くありませんが、長時間、肌の上にのせた状態がつづくと、肌に負担がかかります。)―



とあります。

合成、天然に関わらず、界面活性剤は肌に負担がかかるが、石油由来の合成界面活性剤は機能が高く影響も大きいことがわかります。



他にも調べてみると石油由来の合成界面活性剤は汚れを落とす効果と、化粧品などの場合は成分を肌に浸透させる効果が非常に高いとありました。


ただ、効果が高すぎるため肌のバリア機能を壊してしまい、肌荒れの原因になったり、有害な成分まで肌に浸透させてしまう可能性があるということがわかりました。



― 本当に肌にいいものを探して ―


私はこちらの洗剤を使い始めたことで肌荒れが収まったので、シャボン玉石けんを紹介したいと思います。

あまり売っているお店も見かけませんし、あっても片隅においてある不遇な商品です。




シャボン玉石けん~私たちが伝えたいこと~

https://www.shabon.com/message/index.html


シャボン玉石けんヒストリー

https://www.shabon.com/message/reason.html



からだに優しい商品は環境にもいいということがよくわかりますね。


シャボン玉石けんの洗剤は無香料なので香りで酔うということがありません。

整体で使うタオルにも使用しています。



― 最後に ―


皆さんの中でも原因のわからない肌荒れに悩んでいる方がいたら、もしかしたら洗剤が原因かもしれません。


健康で楽しい人生を送るためには自分でどんな成分が入っているのかまで気を使わなければいけない時代になってしまったのかもしれませんね。


洗剤だけに限らず、食品添加物や、農作物の農薬規制もだんだんと緩和され、ほんとに体に安全なの?と思ってしまうことが増えてきています。


そんな情報を少しでも多くの人に知ってもらえればと思います。

6回の閲覧0件のコメント